20代前半はとにかく仕事で怒られ続ける(現場編)

有休を頂いた時に上司に記入欄には「一身上の都合」で宜しいのですよね?と聞きましたら、
「テメエ!辞める気か!?」と怒られ、「家事都合」と習いました。

葬式と結婚式の休暇を「親近相姦」で良いのですよね?と聞きましたら、
ふざけるな!!「冠婚葬祭」だ!!!と怒られました。

ニュースで見たのですけど、前までは女子高生が5万円だったらしいのですが、
女子中学生が市場に参入して女子高生は3万に下がって、
女子中学生の相場は7万だそうです。などとくだらない事を話していましたら、
おい!!!テメエ!!いい加減にしろ!!!と怒られました。

240V(ボルト)で感電した日に、今日は電気の仕事は
やらせないでくださいと言いましたら、30分だけ休憩をやる
それから電気の仕事をしろ、6600V(ボルト)で感電した
電気主任技術者も今は仕事をしている、と言われ仕事をさせられました。

空調機の点検で誤作動が起きると腕が吹っ飛ぶ仕事がありまして、
その作業は出来ませんと言いましたら、腕の変わりに棒を突っ込んで仕事をしろ
と言われました。

追加:高校の時(電気科)に発電機の点検の授業がありまして、
ネクタイを着けて授業に赴きましたら、
「貴様!!死にたいのか!!!」と先生に殴られました。
(ネクタイが駆動部に巻き込まれるとギロチンのミンチになるからです)

ユーモラスでほっこりする、絵本のような物語。

まだ小さい息子に本に慣れ親しんで欲しいと言う思いから、時々本の読み聞かせをしています。
今日読んだのは『ペットのきんぎょが おならをしたら……?』と言う本。
コミカルなタイトルに惹かれて購入してみました。著者はマイケル・ローゼン氏。
子犬が欲しい女の子、エルビーが母親に子犬を飼いたいとおねだりするのですが、母親から与えられたのは何故だか金魚!
エルビーは金魚に【フワフワ】と言う犬っぽい名前をつけて、しぶしぶ飼い始めます。
そのうち『おすわり』や『ジャンプ』など犬がするような芸をフワフワに教え始めるエルビー。
すると驚くなかれ、フワフワはエルビーの期待に応えて芸をするようになるんですね。なかなか夢のある展開です。
物語はテンポが良くて分かりやすく、挿絵が多いので目で楽しむことも出来ます。愛嬌のあるイラストです。
終盤に少々ヒヤリとするハプニングが起こりますが、ラストは丸く収まる幸せな物語です。フフッと最後まで笑わせてくれます。
息子の反応も上々だったので、購入して良かったと思います。子供心をくすぐってくれる楽しい本だと思いました。子供の視力回復トレーニング方法